ログアウト
 
  • 事前連絡
search
 
 

トップ > ローランサン > 挿画本 > 『フィネットの冒険』 > マリー・ローランサン 「乗馬する二人の若い娘」
絵画・版画 > 主な海外作家 > ローランサン > 挿画本 > 『フィネットの冒険』 > マリー・ローランサン 「乗馬する二人の若い娘」
絵画・版画 > ラ行 > ローランサン > 挿画本 > 『フィネットの冒険』 > マリー・ローランサン 「乗馬する二人の若い娘」
絵画・版画 > ≫価格ライン(絵画) > B : 10〜20万円 > マリー・ローランサン 「乗馬する二人の若い娘」
絵画・版画 > 近・現代絵画(20世紀以後) > エコールドパリ > └ ローランサン > マリー・ローランサン 「乗馬する二人の若い娘」

マリー・ローランサン 「乗馬する二人の若い娘」
マリー・ローランサン 「乗馬する二人の若い娘」
マリー・ローランサン 「乗馬する二人の若い娘」
マリー・ローランサン 「乗馬する二人の若い娘」
拡大画像

マリー・ローランサン 「乗馬する二人の若い娘」

挿画本『フィネットの冒険』より
"Aventures de Finette"

 
技法 リトグラフ
 
制作年 1928年
 
サイズ 38×28 cm(画)/ 45×55 cm(額)
 
部数 429/450
 
レゾネNo. M.Lの扇 p.10-13
 
状態 良好
 
備考 挿画本『フィネットの冒険』に収録された
 カラーリトグラフのうちの1点。
購入数

DB-43
Web価格 : 143,000
創業33周年記念特価 :

143,000 円(税込)

≫ 目安の価格はページ上部「価格ライン」を参照

≫ 付属品(専用箱、作品保証書など)について

 

[ 合計お支払い金額50,000円以上は配送料無料 ]

マリー・ローランサン 「乗馬する二人の若い娘」
マリー・ローランサン 「乗馬する二人の若い娘」

作品解説

挿画本『フィネットの冒険』 Aventures de Finette

マリー・ローランサン フィネットの冒険 出版元 :Editions M-P. TREMOIS

出版年 :1928年

制作部数:450部(シナ紙に石版刷り)

レゾネ癲M.Lの扇 p.10-13

著者  :マリー=ジャンヌ・レリティエ・ド・ヴィランドン

女流小説家レリティエのおとぎ話の世界に、ローランサンのカラーリトグラフ5点が見事に調和した挿画本です。利口で快活な王女フィネットが、様々な困難を乗り越え、最後に幸福を手にするという物語。ローランサンが本書のために特別に制作した色鉛筆によるデッサンを版画にしました。

 

略歴

マリー・ローランサン Marie Laurencin (1883-1956)

20世紀フランスを代表する女流画家。1904年、アカデミー・アンベールで写実を学び、ブラックとも知遇を得る。 1905年頃、“洗濯船”でピカソらと交友。詩人アポリネールと恋におちる。1912年、パリで初個展。 キュビスムの影響から次第に脱し、豊かな感受性でやわらかで憂いを秘めた女性像を描き続けた。舞台装飾、挿画本、版画なども多く手掛けている。