ログアウト
 
  • 事前連絡
search
 
 

トップ > ミュシャ > ポストカード、メニュー > アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
絵画・版画 > 主な海外作家 > ミュシャ > ポストカード、メニュー > アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
絵画・版画 > マ行 > ミュシャ > ポストカード、メニュー > アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
絵画・版画 > ≫価格ライン(絵画) > B : 10〜20万円 > アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
[軽井沢]ミュシャ > アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
絵画・版画 > 古典絵画(19世紀以前) > アールヌーヴォー > アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」

アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
拡大画像

アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」

Menus - Moët et Chandon

『モエ・エ・シャンドンのメニュー』のポストカード
Carte postale des "Menus - Moët et Chandon"

 
技法 :リトグラフ
 
制作年 :1900年頃
 
サイズ :14×9 cm(紙)/ 34×29 cm(額)
 
レゾネNo. :A.B.CP2j / W-12
 
状態 :良好
 
備考
 
:連作『モエ・エ・シャンドンのメニュー』
(1899年制作)より
購入数

DB-7372
Web価格 : 143,000
創業32周年記念特価 :

143,000 円(税込)

[ 合計お支払い金額50,000円以上は配送料無料 ]

アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」
アルフォンス・ミュシャ 「モエ・エ・シャンドンのメニュー・VIII」

作品解説

ミュシャのポストカード Cartes Postales de Mucha
 

1900年頃のヨーロッパでは、通信手段の殆どが絵葉書や手紙によって行われました。当時の人々は絵葉書のデザインや色使いを最も身近な美術品として楽しんだことでしょう。

ミュシャのポストカードは、パリ時代の約120種、チェコ時代の約60種が確認されています。
ポストカード独自のデザインはほとんどありませんが、小さなサイズに収められたさまざまなミュシャ作品は当時、最も人気がありました。
ミュシャ自身も「閉ざされたサロンに飾るためではなく、一般の人々に楽しんでもらえることが幸せだ」と語っています。

ミュシャの他、ロートレックやスタンラン、シェレなどベル・エポックの画家たちによるデザインが一世を風靡しました。当初からこうした絵葉書を収集するコレクターも多く、今日きわめて美しい保存状態の作品が残されているのは、こうした絵葉書愛好家たちの熱意によるものです。



『モエ・エ・シャンドンのメニュー』 Menus - Moët et Chandon


1743年創業のシャンパン製造元、モエ・エ・シャンドン社のためにデザインしたメニューカードで、納入先であるレストランなどへ配布されたもの。10種類が制作されました。実際にこれらのカードはレストランのメニューが手で書かれ、多くの美食家たちの目を楽しませたそうです。同デザインはポスターやポストカードとしても使用されています。

 

略歴

アルフォンス・ミュシャ Alphonse MUCHA (1860-1939)

アール・ヌーヴォー様式が流行していたパリの世紀末を代表する画家。ポスター、装飾パネルを始め、挿画本、美術誌表紙、販促物などのために数々の優美な女性像を制作した。装飾デザインにも優れた才能を発揮。アール・ヌーヴォー期の寵児として活躍後、チェコに戻り、自身のルーツであるスラヴ民族の歴史を「スラヴ叙事詩」に描き上げた。