ログアウト
 
search
 
 

トップ > マティス > 挿画本 > 『ロンサール 愛の詩集』復刻版 > 「RONSARD(134)」
絵画・版画 > 主な海外作家 > マティス > 挿画本 > 『ロンサール 愛の詩集』復刻版 > 「RONSARD(134)」
絵画・版画 > マ行 > マティス > 挿画本 > 『ロンサール 愛の詩集』復刻版 > 「RONSARD(134)」
絵画・版画 > ≫価格ライン(絵画) > A : 10万円未満 > 「RONSARD(134)」

「RONSARD(134)」
「RONSARD(134)」
「RONSARD(134)」
「RONSARD(134)」
拡大画像

アンリ・マティス 「RONSARD(134)」

『ロンサール 愛の詩集』復刻版
"Ronsard(1970)"

 
技法 リトグラフ
 
制作年 1970年
 
サイズ 45×39 cm(額)
 
部数
 
レゾネNo.
 
状態 良好
 
備考 1948年刊行の挿画集『ロンサール』の復刻版に収録された1点。
購入数

DB-1728
Web価格 : 24,200
吉祥寺店  7周年特価 :

24,200 円(税込)

※ 目安の価格はページ上部の価格ラインをご覧ください

[ 合計お支払い金額50,000円以上は配送料無料 ]

「RONSARD(134)」
「RONSARD(134)」

作品解説

『ロンサール 愛の詩集』復刻版 "Ronsard(1970)"

出版元:Editions L.C.L

制作年:1970年

技 法:リトグラフ


1948年に制作されたオリジナル、アルベール・スキラ版の復刻版です。
構想は1941年に始まりましたが、途中マティスの体調の悪化などによる中断もあり、完成まで7年間の月日を要した意欲作です。全128点の挿画を描くだけでなく、マティス自身が収録する詩を選んでおり、活字体や紙質など装丁のすべてにかかわって制作されました。これらの下絵は現在、フランス国立図書館に収蔵されています。

※ピエール・ド・ロンサール(1524-1585)
ルネサンス期のフランスの詩人。プレイヤード派(当時、ラテン語に対し俗語とされていたフランス語で古典文芸を模範とした詩作を試みた詩人の集まり)の中心人物。主要な作品に『オード集』(1550)、『恋愛詩集』(1552)がある。この二作によって名声を得、国王シャルル9世付きの王室詩人として活躍した。「フランス近代詩の父」として評価されている。

 

略歴

アンリ・マティス Henri Matisse(1869-1954)

高校卒業後、法律を学ぶが、入院療養中に母親から絵具を贈られたことが契機となり、画家を志す。22歳から国立美術学校でギュスターヴ・モローの指導を受ける。1905年のサロン・ドートンヌ展で、ドラン、ヴラマンク、ルオーらと共に、原色を多用した色彩と激しい筆致が注目を集め「フォーヴ(野獣)」と呼ばれた。1940年のパリ陥落の後、南仏を拠点とする。戦後も、切絵、挿画本、タピスリーなど幅広い活動を続けた。南仏ヴァンスの礼拝堂の装飾は、彼の才能の集大成と言われる。20世紀美術においてピカソと匹敵する成果を残した画家として評価されている。

マティス 『ロンサール』 その他の作品

「RONSARD(32)」

「RONSARD(32)」

アンリ・マティス

24,200円(税込)

「RONSARD(163)」

「RONSARD(163)」

アンリ・マティス

24,200円(税込)

「RONSARD(166)」

「RONSARD(166)」

アンリ・マティス

24,200円(税込)

「RONSARD(180)」

「RONSARD(180)」

アンリ・マティス

24,200円(税込)

「RONSARD(187)」

「RONSARD(187)」

アンリ・マティス

24,200円(税込)

「RONSARD(110)」

「RONSARD(110)」

アンリ・マティス

24,200円(税込)

「RONSARD(150)」

「RONSARD(150)」

アンリ・マティス

24,200円(税込)

「RONSARD(161)」

「RONSARD(161)」

アンリ・マティス

24,200円(税込)