ログアウト
 
search
 
 

トップ > 西洋アンティーク > ≫価格ライン(アンティーク) > B : 10〜20万円 > 「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
西洋アンティーク > 陶磁器 > マイセン > 「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
西洋アンティーク > 陶磁器 > その他 > マイセン > 「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
西洋アンティーク > ◆マイセン > 「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」

「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
拡大画像

マイセン 「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」

制作年
  
サイズ W32.5×22.1cm
 
状態 良好
 
備考 底部に窯印
購入数

DB-CE-0178
Web価格 : 129,600
吉祥寺店  7周年特価 :

129,600 円(税込)

[ 合計お支払い金額50,000円以上は配送料無料 ]

「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」
「金彩花文レリーフ透しオーバル皿」

作品解説

ヨーロッパを代表するドイツの最高級陶磁器窯、マイセンによる作品。その創業は今から300年以上も前の1710年にさかのぼり、当時製造方法の解明されていなかった白色磁器の生産に成功したドイツ・ザクセン公国の選帝侯アウグスト強健王により事業が開始されました。

その後、原料の生産地や調合法は限られた職人たちだけに受け継がれ、徹底した秘密厳守に基づく品質管理を心がけたことや、宮廷などに仕えた最高級の彫刻家らにデザインを一任させたことなどが功を奏し、次第にヨーロッパ随一の陶磁器窯へと成長していきました。
本作には美しい花々や金彩の絵付けが施されており、観る者を楽しませてくれる逸品に仕上がっています。